サッカー

首位早稲田と引き分け、慶應がインカレへ前進

積極的にシュートを放つ慶應のFW鈴木

関東大学女子1部リーグ第8節

10月28日@早大東伏見

慶應大(勝ち点9)0-0 早稲田大(17)

慶應義塾体育会ソッカー部女子は、因縁のライバル早稲田大学ア式蹴球部と対戦した。慶大は第7節終了時点でリーグ6位、早大はリーグ首位。立場こそ違うものの、それぞれインカレ出場権ゲットとリーグ優勝に向け、負けられない一戦なのは同じだ。

負けられない「慶早戦」。円陣を組む慶大イレブン

前半から熱を帯びた展開となる。11分、早大がクロスから決定機を作るも、ここは慶大GK志鎌奈津美(4年、常盤木学園)がセーブ。まず先にピンチをしのぐと、逆に17分だった。慶大はMF中島菜々子(4年、十文字)のパスを受けたFW鈴木紗理(2年、十文字)がシュートを放つ。しかしこれは枠を外れた。その後も両者ともにいくつかチャンスを迎えるが得点には至らず、0-0で試合を折り返す。

そして迎えた後半、打倒早大に燃える慶大にビックチャンスが訪れた。59分、カウンターでFW山本華乃(2年、横須賀シーガルズ)からMF工藤真子(3年、日テレ・メニーナ)へとつなぎ、最後は右サイドを駆け上がっていたDF佐藤幸恵(2年、十文字)がフリーでシュート。慶大にとって最大のチャンスだったが、これも相手GKに阻まれてしまう。その後も前半同様、一進一退の展開をみせる両校。しかし最後までスコアは動かず、ライバル対決は勝ち点1を分け合うかたちとなった。

ライバル同士の一戦はスコアレスドローに終わった

この結果、慶大の1部残留が確定。また、首位チーム相手でも勝ち点1を積み上げられたため、目標のインカレ出場にまた一歩前進した。大学リーグも残すところあと1試合。慶大は最終節の山梨学院大学戦の結果次第でインカレ出場が決まる。必ず勝ち点を積み上げ、次のステージへ進みたいところだ。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む