大学陸上・駅伝

連載:M高史の駅伝まるかじり

800m元日本記録保持者の徳田由美子さん、栄光と挫折の先に見つけた新たな道

M高史の駅伝まるかじり
連載一覧を見る
800m元日本記録保持者の徳田由美子さん。子どもたちに陸上の楽しさを伝えています©︎東京マラソン財団

今回の「M高史の駅伝まるかじり」は徳田由美子さんの栄光と挫折のお話です。中央大学1年生の時に日本選手権女子800mで日本新記録(当時)を樹立して優勝を飾ります。高校時代には世界陸上東京大会日本代表(4×400mリレー)として出場しながら全国高校駅伝でも活躍されたマルチランナーでした。

バレーボールから陸上の道へ

東京都出身の徳田由美子さん。小学5年生からバレーボールをやっていたこともあり、中学でもバレーボール部に。

中学2年で埼玉に引っ越し、転校先でも最初はバレーボールを続けていましたが、「陸上部がものすごい強くて、毎年全国大会で入賞、出場、時には優勝者を出すような学校でした! 自分も全国チャンピオンになりたいという気持ちがあったのですが、バレーボール部だったので、自分には別世界かなと思っていました」と思いつつも、いつか挑戦してみたいという気持ちだったそうです。

転機となったのは学校のマラソン大会。「学年で10位以内に入ればメダルがもらえることになったんです」。メダルが欲しい一心だけで学年4位に入り、見事にメダルをゲットしました。

それだけでは終わらず、「その年だけ限定で駅伝部を作ることになったんです。校内で4位までに入った生徒が集められ、ギリギリで駅伝メンバーになりました」。顧問の先生が楽しく走ることを意識して指導してくれたということもあって、みるみる走力も上がり、県駅伝で2位に入る活躍。中学2年の冬から陸上を始めることになりました。

全日本中学陸上に出場。右から3番目、黄色のユニフォームが徳田さん(写真は本人提供)

3年生の県大会では県中学新記録(当時)を更新。全国大会への出場も果たしました。中学の先生からは「将来、日本記録が作れるよ」と言われていたそうで「最初はポカンとして実感がわかなかったんですけど(笑)だんだんその気になっていきました!」と順調に記録を伸ばしていきました。

短距離から駅伝まで活躍!

高校は名門・埼玉栄高校へ進みます。高校1年生のインターハイでは400m2位!「心臓が口から飛び出そうなほど緊張しました」という中、いきなり全国2位という成績でした!

2年生のインターハイでは400m2位、800mでは優勝。特に800mでは「埼玉栄に昨年の全国1、2位の選手がいたので、毎日トレーニングを一緒にしていて自信になりました」と、チーム内で毎日が全国大会のような環境で切磋琢磨していました。

2年生でインターハイ800m優勝。このとき埼玉栄高校が表彰台を独占!(写真は本人提供)

日本選手権400mでは4位に入り、アジア大会800m、女子4×400mリレーの日本代表に選ばれます。

「初めての日本代表は楽しかったですね。最年少だったこともあって、かわいがっていただきました」。800mでは4位、リレーでは5位入賞。同じ埼玉栄高校から3人も代表に選ばれていて精神的にも安心できたそうです。

高校2年生でアジア大会800mで4位に入った徳田さん。(腰ゼッケン1番が徳田さん、写真は本人提供)

400m、800mを中心に活躍していた徳田さんですが、なんと全国高校駅伝にも出場します。校内選考を勝ち取りメンバー入り。4区(3km)を走って9分30秒で走破して区間2位という快走。チームも4位入賞を果たしました。

短距離から駅伝までマルチな活躍をみせた徳田さん。2年生の都大路では4区区間2位の快走!(写真は本人提供)

世界陸上日本代表に!

3年生ではさらに快進撃が続きます。インターハイでは400mと800mで優勝し2冠達成。4×100mリレーでは1走を務めて2位に。

さらにこの年(1991年)は東京で世界陸上が開催され、徳田さんはマイルリレーで代表入り。「国立競技場が満員になったのを初めて見ました。ウェーブが起きて、感動と興奮でしたね! 本番は緊張と高揚感で頭のネジがゆるんで笑いが止まらなかったんですよ(笑)」。思わず笑ってしまうほどの大歓声だったそうです。

レースでは「自分の走りに集中することができ、あのような大舞台で自分の実力を発揮することができたのは大きな自信につながりました」。結果的にマイルリレーで当時の日本記録を出すこともできました。

高校3年生で出場した世界陸上4×400mリレー。当時の日本記録樹立となりました(写真は本人提供)

そして、再び冬は全国高校駅伝へ。「400m、800mを11月頭までやっていて、そこから2カ月弱で3kmを走れる体に仕上げなければならなかったので、全員同じ練習メニューの中でも自分なりにメリハリをつけて工夫しながら取り組みました」。前年と同じ4区を走って区間7位。チームは前年の順位を上回る3位に!

夏まではインターハイで400mや800m、さらにリレーでは100mも走り、冬には3km区間まで走られるなんて、凄すぎます(笑)。

「短距離と長距離では筋肉も違いますしね。今振り返るとよくやったなと思います(笑)」。走るたびに自己新。目標だった全国優勝もできて、充実した3年間だったと言います。

800mで日本記録樹立

埼玉栄高校卒業後は中央大学に進みました。

1年生のシーズン。日本選手権の2週間前に関東インカレがあり、400mと800mとマイルリレーに出場するもふくらはぎを故障。「しばらく歩くのも痛くて、最終調整ができず、日本選手権の400mは棄権して800m1本に絞ることにしたんです」

しっかりした調整ができず、「調子もイマイチ」だったという徳田さん。一方で「当時1500mで日本記録を出し、調子が良かった橋本晴子さん(大昭和製紙)が800mでも日本記録を狙うと話されていたんです。最初からハイペースだときついなと思っていました」

そして迎えたレース本番。最初の1周は59秒で通過。徳田さんが600mでいったん前に出ました。そこからは橋本さんとの壮絶なデッドヒート。当時400mの自己ベストが53秒91というスピード型の徳田さん。「最後は気力の勝負だと思っていました。スピードがある私の方が絶対勝つ! と信じていました」。胸の差で逃げ切り徳田さんが優勝! しかも2分04秒82の日本新記録(当時)! 2位の橋本さんは2分04秒89という大接戦でした。

大学1年生の日本選手権では激戦の末、日本新記録で優勝を飾りました(右が徳田さん、写真は本人提供)

「日本記録が出たのは橋本さんのおかげでしたね。レース直前の故障でしっかり調整できませんでしたが、逆にいい疲労抜きになっていたのかもしれません。最後は気力、気合いでしたね!」と陸上を始めてからずっと目標にしていた日本記録を更新しました。

栄光からの挫折、苦しい日々

大学1年目から日本新記録樹立と華々しい大学デビューとなりましたが、日本記録を出してからというものの次の目標を見失ってしまったそうです。「夢は日本記録でした。オリンピックに出てみたいという気持ちもありましたが、日本記録を出しても当時の参加標準記録まで5秒くらい届かなくて……どこかであきらめていたと思うんですよね。そのため最大の目標が日本記録でした。それ以上の目標が描けなかったんです」。日本記録樹立後はまったくエネルギーが湧いてこなくなったそうです。

「走ることが楽しいという感覚がなくなって、ただ走っていて苦しいだけ。自分への腹立たしさ、無力感、やるせなさがありました」

元々、自己開示が得意なタイプではないという徳田さん。誰にも相談できずに1人で抱えこんでしまい、やがてストレスのはけ口が食べることに向かいました。

「最初はストレス解消でやけ食いという感じでしたが、エスカレートしていって、だんだん自分でコントロールができなくなりました」。過食症、摂食障害により体重も15kg増えました。

摂食障害で体重も増加。少しでも体型を隠したくてできるだけウィンドブレーカーを着ていたそうです(写真は本人提供)

「誰にも相談ができない。この状態から抜け出したい。でも抜け出せない。競技引退してから数年かかって、ようやく抜け出すことができたんです……」

もしも当時の自分に声をかけることができるとしたら「信頼できる人に相談することを伝えたいですね。ある程度のレベルに到達すると、そこの世界を知っている人って少なくなる。専門的にメンタルについて相談できる人に話すこと。心も体もいっぱいいっぱいの時は思い切って休むことも重要です。最終的に自分次第ですが、方法や方向はいくらでもあります」と話されました。

大学卒業後は「スズキに拾っていただいて2年間、競技を続けましたが、弱みを見せることができなくて、平静を装っていました。再び走れるようになりたい気持ちはあったのですが記録は伸びるどころか記録が落ちていく一方でした。栄光と挫折、時間にすると半分ずつ。両方を経験できたことは今となっては財産ですね」とご自身の現役生活を振り返られました。

経験してきたことで役に立ちたい

競技引退後は結婚、出産。その後、離婚されてシングルマザーとして「子育てをしながらアルバイトをしていました。多いときは4つかけもちでした(笑)」という日々。

「かけもちだと時間も短いので簡単な仕事しか任せてもらえないですし、1つのお仕事でステップアップしていきたいなぁと思っていたところ、ご縁があって大手エステサロンで仕事を始めることになりました」。ご縁と運だけで生きているという徳田さん。ご縁を大切にされて大手エステサロンでは13年勤務。その後、2016年に独立されてTotal Beauty Salon TOKUを開業されました。

エステサロンTotal Beauty Salon TOKUを開業し、新たなスタートを切られました(写真は本人提供)

また現役引退後は離れていた陸上の世界でしたが、「ここでもご縁があって、陸上のコーチの資格をとり、再び陸上の世界に携わらせていただくことができました。あんなに辛かった陸上競技が、今では新鮮で楽しくて楽しくて。こどもたちの純粋でキラキラした笑顔から勉強させてもらってます」

東京マラソン財団スポーツレガシー事業の活動(キッズアスレティックス)では小学校に訪問されて、運動の楽しさや魅力を伝える活動もされています。

こどもたちに運動の楽しさ、スポーツの魅力を伝える活動もされています ©︎東京マラソン財団

今後は「こどもからシニア世代の運動指導とエステの2本柱で今は活動していますが、今は『絶対ここに到達してみせる!』という強すぎる目標は作らないようにしているんです。自分の経験してきたことで何か人さまのお役に立てるようにっていう大まかな方向に向かって、目の前にあることを一つひとつ丁寧に取り組むことにしています。それが、結果として実りになっていくと信じています」と明るくお話されました。

栄光と挫折の先に見つけた新たな道、徳田さんは今日も前進されています。

M高史の駅伝まるかじり

in Additionあわせて読みたい