陸上・駅伝

特集:ギフティング(寄付)特集

【寄付で応援】明治大学体育会競走部「強い明治」を示し、第100回箱根駅伝で優勝を

明治大学の強化指定部である競走部は2024年の第100回箱根駅伝で総合優勝を目指している(写真提供・明治大学体育会競走部)

1907(明治40)年創部の明治大学体育会競走部はその伝統を守り、「陸上競技部」ではなく「競走部」という表記を受け継いでいます。競走部(駅伝)は学内の強化指定部とされており、第100回の記念大会となる2024年1月の箱根駅伝で優勝すべく、山本佑樹駅伝監督の下で力を蓄えています。

◆下の画像バナーよりギフティングサービス「Unlim」を通して寄付ができます。

◆下の画像バナーよりギフティングサービス「Unlim」を通して寄付ができます。

明治大学体育会競走部の記事

2020年11月の全日本大学駅伝で明治大は3位という結果を残し、山本佑樹駅伝監督は直後の記者会見で「次の箱根駅伝では総合優勝を目指す」と発表した。その狙いとともに、第97回箱根駅伝に臨むチームの現状、スポーツギフティングサービス「Unlim」の活用を通じて実現したいことを聞いた。

箱根駅伝優勝の先を見すえ 明治大学競走部が学生主体でギフティングに臨む狙い

2021年度の記事

明治大・山本佑樹監督「本当の力をつけよう」 全日本と箱根で味わった天国と地獄
明治・鈴木聖人 関東インカレ2種目入賞も「まだまだ弱い」、伊藤達彦のような走りを
明治大・鈴木聖人 ラストイヤーは箱根駅伝を勝ちきる「強さ」を主将の走りで見せたい

2020年度の記事

箱根駅伝でシードを逃した明治大学 「弱いから」では終わらない再起への道
明治大・小袖英人「誰にも負けたくない」という思いを胸に、最後の箱根駅伝で区間賞を



◆下の画像バナーよりギフティングサービス「Unlim」を通して寄付ができます。

◆下の画像バナーよりギフティングサービス「Unlim」を通して寄付ができます。

in Additionあわせて読みたい